大リーグ殿堂入り

久しぶりに野球の話題で。大リーグの殿堂入り選手が発表され、グレッグ・マダックス元投手、トム・グラビン元投手、フランク・トーマス元選手が選ばれました。

特に自分にとって、マダックス、グラビンは大好きな選手でした。

実は、大学3年のときに両親に無理を言ってアトランタに語学留学をしたことがあります。そのとき、アメリカの数ある都市からアトランタを選んだのは、ずばりアトランタブレーブスの野球が見たかったからでした。当時、毎年地区優勝する強豪チームで、その原動力が右のマダックス、左のグラビンの両エースでした。マダックスは精密機械の異名をとり、審判は少しボール気味でも「マダックスが投げたのだからストライクだろう」と判定してしまうくらい。マダックスストライクなんて言われたこともありました。剛速球はなかったものの、外角低めからサークルチェンジなどの変化球でストライクになったり、ボールになったり、いわゆるストライクゾーンの出し入れで勝負するピッチャーでした。1995年は4年連続4度目のサイ・ヤング賞。ふつうサイ・ヤング賞は記者の投票で決まるので、連続して受賞すると情が入りほかのピッチャーにとなりがちなのですが、この年、19勝2敗で年間を通じて与えた四死球がたった27個という驚異的な活躍で満票サイ・ヤング賞でした。そんな大投手だったので自分が見に行ったとき、すぐ目の前にマダックスがいるは感動的でした。そして、その実力を目の前で見せてくれて無失点の勝ち投手でした。

グラビンは、初めてブレーブスの本拠地ターナー・フィールドで見た時に登板して、当時これまた大投手ランディー・ジョンソンとの投げ合いで、勝利してくれました。グラビンもコントロールのいいピッチャーで、タイプ的にはマダックスに似ていました。というより、おそらく互いのいいところを互いに認め合い、学び取る中で似たタイプのピッチャーになっていったのでしょう。殿堂入りをしても、互いを認め合い、感謝しあうコメントが聞かれて、なんだかうれしくなりました。

 

2021年

9月

11日

今こそ

気持ちに寄り添うというのは、どういうことか。

なかなかこれという正しい答えはありませんが、

生徒たちがいい意味で、言いたいことが言えるってことではないでしょうか。

 

今まさに受験生にとって大事だと感じます。

続きを読む

2021年

8月

17日

夏期講習、後半へ!

4日間のお盆休みをいただき、本日から夏期講習再開。
生徒たちも、私も、英気を養いいざ後半戦へ!
続きを読む

2021年

7月

17日

今年の夏期講習は文庫本をプレゼント!

まもなく夏期講習。
7/21(水)開始。
今年の夏期講習はお申し込みいただいた生徒に文庫本をプレゼント!
続きを読む

2021年

7月

02日

志木市で受験生にワクチン

志木市は、中学3年生と高校3年生に夏休み中にワクチンを接種するとのこと。
受験生に余計な心配をさせないようにという取り組みですね。大賛成です!ぜひ、他の市町村も続いてほしいと思います。
続きを読む

2021年

6月

30日

6月もおしまい

6月もおしまい、ということは今年も半分おしまい

今年の6月はあまり梅雨らしくないですね。

夏本番のような夕立ちが多い、、、
続きを読む