学校のワーク

期末テストが近づいてきました。定期テストごとにワークを提出する学校が多いですが、このワークの取り組み方はとても大切です。

いつも気になるワークの取り組み方。終わらせることに必死になっていて、その取り組みにテストで解けるようにという視点が感じられないことがあります。

例えば、英単語。ワークの英単語の問題を、教科書を見て埋めていくだけの作業になっている生徒がいます。その単語がテストで出てきたときに意味がわかるか、スペルが書けるかの視点で取り組んでいけると提出物はただの提出するものではなくなってきますね。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    深井宣孝 (月曜日, 17 11月 2014 11:28)

    いつも参考にさせてもらっています!!!

  • #2

    小玉修 (火曜日, 18 11月 2014 15:20)

    コメントありがとうございます。また、教育について、議論しましょうね!!

2021年

10月

07日

すぎやまこういち先生!ありがとうございました!

小学3年生のときに初めてファミコンのドラゴンクエストに出会って以来、未だに大のドラクエファン。そのドラクエの音楽を作り続けてくださったすぎやまこういち先生が旅立たれたとのこと。
本当に長い間お疲れ様でした。そしてありがとうございました!
続きを読む 0 コメント

2021年

9月

30日

体積って何?

どうして「体積(厳密には柱体の)=底面積×高さ」なの?
この質問に正しく答えられる中学生、高校生。果たして、どのくらいいるでしょう?
ここでは、小学生から生徒たちと話し合う中で伝えていきます。
続きを読む

2021年

9月

25日

数学検定実施

毎年恒例になりました。

9月の数検。

今年は3級のみ。

毎週土曜日はこの数検を意識しながら数学演習の授業を行ってきました。

今朝も最後の対策を入念に。

さあ、果たして結果やいかに!!

続きを読む

2021年

9月

11日

今こそ

気持ちに寄り添うというのは、どういうことか。

なかなかこれという正しい答えはありませんが、

生徒たちがいい意味で、言いたいことが言えるってことではないでしょうか。

 

今まさに受験生にとって大事だと感じます。

続きを読む

2021年

8月

17日

夏期講習、後半へ!

4日間のお盆休みをいただき、本日から夏期講習再開。
生徒たちも、私も、英気を養いいざ後半戦へ!
続きを読む