獨協埼玉高校の説明会に行ってきました。

獨協埼玉高校の塾説明会に行ってきました。

久しぶり(9年ぶりくらい)に参加しましたが、獨玉の魅力は変わらずでした。

では、どういう生徒に獨協埼玉は向いているのか。

ここからは報告に個人的な見解を含めて。

 

①これからの進路を高校でじっくり考えたい生徒

獨協埼玉の大きな特徴の一つに、募集がコース別でないことが挙げられます。

つまり、進学コースとか特進コースとかがなく、入学した生徒は全員同じように様々なことを学ぶということです。そこには、「生徒たちには、様々なことにチャレンジする中で、本当に自分のやりたいことを見つけ出してほしい」という学校の思いが詰まっています。

ですので、勉強、部活、行事いろいろなことに全力投球し、その中で「〇〇大学を目指して勉強を頑張る」という生徒もいれば、「部活で全国を目指す」という生徒もいれば、「文化祭が命」という生徒もいて、そのみなさんが尊重されているということ。自由度が高いです。

ちなみに、うちから獨協埼玉に進学した生徒は3年間ラグビーに力を注いでいました。中学時代はラグビーをするなんて想像もしていなかった生徒が、みるみるたくましくなっていったのが今でも印象に残っています。

 

②受験勉強を通じて学力を伸ばしていきたい生徒

これは、高校入試について。合格の目安についての細かいことは面談でお伝えしますが、まぁざっくり偏差値50台だと、獨協埼玉は厳しいとなるところですよね。ですが、いわゆる基準に達していないとバッサリということはありません。なんといいますか、頑張れば頑張るほど合格可能性が髙まるシステム。学校側の受験を通じて成長してきてほしい、あるいはチャレンジ精神を持ち続けてほしいという思いを感じます。

 

③受験勉強ではない形で大学を目指したい生徒

これは、大学入試について。高3で獨協コースという獨協大学進学を目指したコースがあり、本格的な卒業論文の執筆、年30冊以上の読書課題、文化祭での古代劇の上演など、いわゆる受験勉強とは違った形で幅広い学習を行っています。この卒業論文は大学生も顔負け。優秀作品の冊子を頂戴してきましたが、本当に大したものです。

 

朝霞からだと遠く感じるかもしれませんが、北朝霞から乗り換えは1回。せんげん台駅からはスクールバスですぐ。十分、通学圏ですよ。

 

余談ですが、岩槻の自宅から車で行くとめちゃくちゃ近い(10分かかるかどうか)ことを初めて知りましたw

 

 

2024年

2月

19日

湯島天神詣り

合格祈願で湯島天神へ。
梅まつり開催中で、雨でしたが趣深い学問のみち。
梅の次は合格の桜開花へ。
祈って参りました。
続きを読む

2024年

2月

18日

残り3日。どうか無事に!

21日の埼玉県公立高校学力検査まで、あと3日。
各中学校でインフルエンザが猛威を奮っていて、気が気じゃありません。
とにかく当日まで、どうか何ごともなく!
続きを読む

2024年

2月

16日

えっ?この時代にワンコイン!

値上げ値上げのこの時代に、まさかのワンコインラーメン!
ごちそうさまでした♪
続きを読む

2024年

2月

15日

あれから1か月

父が亡くなって1か月。

人と時間。

立ち止まるものと流れ続けるもの。

時が経っても忘れてはいけないのは父への感謝。

改めて、「親父、ありがとう」

続きを読む

2024年

2月

13日

どストライクのおじさん飯

つくづく我々40代のおじさんは、にんにくをエネルギーにして生きてるんだなぁと思います。
そんな私にどストライクなのが、このシュクメルリ!

続きを読む