タイガース勝てば日本一

阪神タイガース、今日勝てば38年ぶりの日本一。
秋晴れの空に38年分の思いが次々に頭を駆け抜け、すでに泣きそうになっています。
朝霞の空には本日夏から順延になっていた花火が上がります。
さぁ38年ぶり日本一の祝砲にしようじゃないですか!

甲子園での3連戦、これまた予定通りの2勝1敗。
一言では言い尽くせないほどいろいろありました。
その中でも1番の出来事は湯浅投手の復帰‼︎
湯浅投手は去年飛躍し、WBC日本代表にも選ばれ、今シーズン岡田監督に抑えに抜擢された中継ぎエース。
ですがシーズン中盤調子を崩し、交流戦のオリックス戦で頓宮選手、杉本選手にホームランを打たれて逆転負け。マウンド上でうずくまり、読唇術なんかなくても誰の目にも「まじかー」と言っていたのが明らかな状況でした。
それから2軍で調整。その間チームはリーグ優勝。本当に悔しい日々を送っていたと思います。記者からの質問に岡田監督は「湯浅は来年に備えてくれたらええよ。おーん」という内容のことをおっしゃっていたので、CSや日本シリーズでの復帰は考えていませんでした。
ですが、この日本シリーズ開催中、宮崎のフェニックスリーグで3者三振の好投を披露し、第四戦急遽ベンチ入り。びっくり。
さらに同点の8回に登板。口あんぐり。
そして渾身のストレート一球で内野フライに打ち取る。これには阪神ファン全員「まじか‼︎」だったことでしょう。
そのたった一球で阪神ファンには分かりました。間違いなくそれは湯浅京己、アツアツのストレートでした‼︎
日本シリーズには様々な伝説がありますが、「江夏の21球」ならぬ「湯浅の1球」。続く第五戦も敗色ムードの8回に登板し試合の流れを変えその裏の大逆転劇を呼び込みました。
さぁこの流れのまま、第6戦。
絶対に今日決めよう‼︎

2024年

7月

17日

三者面談から勝負の夏へ

教育の世界は時代とともに移り変わりが激しい世界です。

ですが、夏が受験生にとって重要であることは変わりません。

期末テストの結果がでそろい、ここから三者面談、夏期講習と頑張っていきます。

続きを読む

2024年

6月

12日

定期テストガイドライン

教室では人に迷惑をかけなければ何をしてもよいことにしています。

ただ、定期テストに向けて何をしていいのか、してはいけないのかわからない生徒もいるので、

「定期テストに向けてこれはするべき・しないべき」

のガイドラインは示しています。

続きを読む

2024年

5月

28日

時代はダイソンへ

近い将来、ダイソン時代が来るでしょう。
と言っても掃除機の話ではなく、大相撲の話。
続きを読む

2024年

5月

27日

中間テスト終了

1学期の中間テストが終了。
前日は朝から晩まで、よく頑張りました。
率直な感想は、、、
続きを読む

2024年

5月

15日

開智所沢中等教育学校に行ってきました。

この春、新規開校した開智所沢中等教育学校に行ってきました。
体育館の周りなど、まだ新築の建物の匂いが。
小学生の元気な声と、中学一年生の爽やかなあいさつにエネルギーをもらいました。
続きを読む